生姜パウダー

乾燥生姜ブームに火が付いてから、続々と発売されている生姜パウダー。

『あまりに多すぎて、どれがオススメなのか分からない...』

『何を基準にして商品を選んでいいか分からない...』

等々、似ている商品がズラリと並んでいれば、どれも同じに思えてくるのも無理はありません。

そこで今回は、生姜パウダー選びでお困りの方に、

ちょっとした選び方のコツと安心の国産生姜パウダー

をピックアップしてみました。

お嬢お嬢 ぶっちょぶっちょ 博士博士

当ページでは、われわれ編集部全員で「生姜パウダーランキング」および、ページ途中途中でのアドバイスを担当させていただきます。

そもそも生姜パウダーって?生姜パウダーの予備知識

生姜パウダーの選び方を紹介させていただく前に、ちょっとだけ生姜パウダーの豆知識について。

読み飛ばしたい方は、

次項『すぐに使える!生姜パウダー選びのコツ』へお進みください。

生姜パウダーは、生の生姜を乾燥させ粉末状にしたもので、

最大のメリットは、体を温めてくれる辛味成分「ショウガオール」を効率的に摂取できること。

生の生姜を加熱したり乾燥させることで、この「ショウガオール」が生成されます。

博士博士

元々生の生姜には、辛味成分である「ジンゲロール」が含まれています。
殺菌・解熱・鎮痛・抗炎症作用などの効能がありますが、一番の特徴は『血行促進』

ただし,

ジンゲロールは、血管を拡張させて血液の流れを良くしてくれる成分。
主に、手足先の末端まで血が巡りやすくなり、冷えの改善などに効果的とされています。
、発汗・解熱作用もあるため、熱を体内から逃がす働きもします。
そのため、
ジンゲロールによって期待できる熱の巡り効果は、一時的で長く続きません。
唐辛子の辛味効果についても、同じことが言えます。
食べてる時は、辛くて汗がでて、体はポカポカ。
でも、その保温効果は一時的で、その後カラダはぐーっと冷えていきます。
一方、生姜にを加えたりさせると、ジンゲロールの一部が「ショウガオール」という成分に変化します。
ショウガオールにも血行促進の効能がありますが、
ジンゲロールとは違い『持続性が高くカラダの深部からジワ~っと温めてくれる』特徴があります。

お嬢お嬢

それが、冷えには、生の生姜よりもが良いとされる理由なんですねぇ。

博士博士

そうなんです。
目的によって、生の生姜、加熱した生姜を使い分けるのがベストですね。
例えば、風の引き始め等は生の生姜のほうが効果的です。

ちなみに,

もし、カラダを温める目的で生姜を使いたいのであれば、
最低1時時間以上は熱を加えないと、ショウガオールの生成量は増加しません。
ただし、100度以上の熱を加えると、今度はショウガオールの活性が失われてしまいます。
生姜を煮るにしても、オーブンなどを使い乾燥生姜を作るにしても、かなりの手間。
その点生姜パウダーは、ショウガオールが多く含まれた状態なので、加熱などの手間がかからず、すぐに使えます。
しかも、ジンゲロールは加熱・乾燥しても、全てがショウガオールに変化するわけではないため、
生姜パウダーになっても、ジンゲロールのメリットはそのまま。
つまり生姜パウダーは、生姜が持っている全てのメリットをギュッと凝縮したスーパーアイテムなんです。

お嬢お嬢

なるほど~。
生姜パウダーが人気の必密はそこにあるんですねぇ。

超簡単!すぐに使える生姜パウダー選び たった2つのポイント

ポイント1:迷ったら黄金(こがね)生姜パウダーを選ぼう!製造過程と品種で変わるショウガオール含量

まず、製造過程なんですが、

生姜を乾燥させる前に、蒸すもしくは加熱する工程を入れることで、

できあがる生姜パウダーのショウガオール量が増加しやすくなることが分かっています。

蒸し・加熱生姜

もちろん、こうした工程を入れずに乾燥させた生姜でも、ショウガオールは十分含まれています。

ただ、ショウガオールをたくさん摂取したい場合は、

商品ページなどで、製造過程での工程が行われているか?を確認することが大切です。

中には曖昧な説明で、

あたかも“これは蒸し生姜パウダーです”と誤解させる商品もあるので注意が必要。

また、

より確実な確認方法としては、商品の原材料名の項目を見るのもオススメ。

全部が全部そうではありませんが、

蒸し生姜などを使用している場合は、しっかりと『○○産生姜』と記載されています。

そして、もう1つ。

生姜パウダー選びで大切なのが、どんな品種の生姜を使用しているか?

ここで誤解してほしくないのは、産地ではなく

生姜の品種によって、もともとの辛味成分などの量に違いがあります。

といっても、

“コレは、安心の高知産○○生姜です!”とか“鹿児島産○○生姜だからポカポカ成分たっぷり!”なんていわれても、

あまりピンときませんよね。

購入する側にとってみれば、生姜なんてどれも同じに感じてしまいます。

そこでオススメするのが、

黄金生姜を使用したパウダー。

黄金生姜は、その名の通り、色鮮やかな黄金色が特徴↓

黄金生姜

従来の国産生姜に比べ、辛味成分「ジンゲロール」が多く含まれているため、

その分、パウダーにすれば、必然的に「ショウガオール」の量も増加していきます。

価格に関しても、黄金生姜を使用していない商品とさほど変わりませんなので、

どうせだったら有効成分が多い生姜パウダーを選んだほうがお得だと思います。

とにかく、

商品選びで迷ったら『黄金生姜』

このキーワードさえ覚えておけば、まず失敗しません。

ぶっちょぶっちょ

さらにワンランク上を目指したい方には、黄金生姜を発酵・熟成した黒生姜パウダーも人気です。

発酵することで,

発酵のチカラによって、より辛味成分がアップするため、ショウガオールをもっと欲しい!方におすすめ。
ただ、黄金生姜で作った黒生姜はかなり貴重なため、それなりのお値段にはなってしまいますが..。

ポイント2:輸入生姜パウダーは大丈夫?安心・効果を求めるなら国産生姜パウダーが無難

国産生姜パウダー

最近では、海外産の生姜を使用したジンジャーパウダーも多く販売されています。

お手頃価格なものも多く、有名どころでは、中国産・インド産・ベトナム産・オーストラリア産など。

安全性という面では、

検査もされてますし、日本の有機JAS認定を受けたパウダーもあるので、特別問題はないように思われます。

ただ、“栽培工程が見えにくいため、どうしても不安”という方も少なくありません。

また、国産生姜と比較すると、

海外産の生姜は辛味成分が低めのものが多く、

効果をしっかり求めたい方にはちょっと物足りない面も...。

できるだけ安い生姜パウダーが欲しいなら別ですが、

安心・効果を求めるのであれば、やはり国産生姜のパウダーのほうがオススメです。

<まとめ> 生姜パウダー選びのコツ

  • より効果を求めるなら、乾燥前に“蒸し・加熱”されてるかCHECK
  • 騙されないで!大事なのは、産地よりも品種。“黄金生姜”を選べば安心
  • 安全・しっかりした効果!海外産よりは国産生姜
  • [番外編]ワンランク上を目指ざしたい!そんな方には黄金生姜を発酵させた“黒生姜パウダー”

ランキング・口コミでも高評価!人気の国産生姜パウダーを試してみました

乾燥生姜ブームに乗っかり、通販で初めて買ったのが、

下記のような乾燥生姜スライス(もしくはチップかな?)↓

乾燥生姜スライス

商品ページを見ると、

テレビでも紹介された~とか、国産生姜使ってる~とかの記載があったんで、買ってはみたものの、

なんかイマイチ使いづらい...。

簡単に細かくちぎれるんですが、料理に入れてもうまく馴染まないし、

ポカポカ感も、長く煮だたせないと、私にはそれほど感じられませんでした。

ちょっと失敗した感があったんで、今度はの生姜を買おうと思い見つけたのが,

黄金生姜+熟成蒸し黒生姜の「みらいのしょうが」

みらいのしょうが

楽天でもヤフーでも、“生姜パウダー”で検索すると、いつも上位で気にはなっていたんですが、

何といっても、購入の決め手は、

『国産の黄金生姜』『黄金生姜をパワーアップさせた蒸し黒生姜』も配合していること。

今度は失敗しないよう、前もって勉強して、

黄金生姜という品種が、従来の生姜に比べて成分的に良いらしいことを知っていました。

じゃないと、

どの生姜パウダーも同じに見えて、何を買っていいか分からなくなっちゃいますから(泣)...。

価格は、70gで1.500円(税込)ほど。

70gって、だいぶ少なくない?とも思いましたが、

実際には1kg分の生姜量で、1回の使用量も少量で済むらしいとのこと。

実際口コミでも、1袋でかなり長くもつといった声が多かったんで、コスパ的には悪くない印象です。

商品を買うと、写真のようにパンフレットとスプーンも付いてくるんで、何かと便利。

「効果・使い勝手・高コスパ」の3拍子揃った生姜パウダー

血行促進

さて、実際の中身は写真のような感じ。

サラサラのパウダーで、生姜の香りがほのかに感じられます。

非常に細かい粉末なので、

味噌汁・炒め物・紅茶・お茶等、どんな料理に入れても、すんなり溶けていきます。

肝心の辛味はというと、

最初は食べても何ともない...

時間が経つにつれ、カラダの内側から...

生姜のパワーを十分感じられます。

あんまり効かないのかな~と思って、入れすぎるとあとで大変。

まずは少しずつ使用して、自分の適量を見つけたほうがいいと思います。

風味的には、唐辛子のような尖った辛さはなく、上品でまろやか。

どんな料理とも相性がいいですよ。

また、実際使ってみると、なかなか量は減らずコスパはかなりGOOD♪

“70gなんて、あっという間じゃない?”と思っていましたが、1袋で結構長くもちそうです。

料理への風味づけに使うにしても、冷え対策に使うにしても、

わざわざ生姜を買って、切って、擦って、熱を加えて...といった手間が省けるんで、

とにかく便利で重宝してます。

みらいのしょうが通販情報

※画像はタマチャンショップ楽天市場店>>>

<PR>「みらいのしょうが」通販情報

黄金生姜と発酵黒生姜の無添加生姜パウダー

メール便送料無料!

Yahoo!ショッピング

Amazon

楽天市場

<編集部厳選> 安心の国産限定!粉末生姜人気ランキング 5選

お嬢お嬢 ぶっちょぶっちょ 博士博士

ココからは、「編集部」が選ぶ生姜パウダーランキングをご紹介。
中でも、何かと安心な国産の生姜パウダーのみをピックアップさせていただきました。
ぜひ、お買い物の参考にして下さい。

タマチャンショップ みらいのしょうが

みらいのしょうが

※画像はタマチャンショップ楽天市場店>>>

おすすめポイントは,

通常の生姜よりも辛味成分に富んだ九州産黄金生姜、黄金生姜から作った蒸し黒生姜を配合。
高品質でありながら価格もお手頃とあって、通販でも高い人気をキープ。
生姜パワーをしっかり感じたい方はもちろん、ちょっとした料理への風味づけにもオススメ。
当ページ内にレビューあり。

価 格 1.490円(税込) 70g | 3.980円(税込) 250g
送 料 無 料
原材料 黄金生姜・熟成蒸し黒生姜

Yahoo!ショッピング

Amazon

楽天市場

薩摩の恵 蒸し黒生姜パウダー

蒸し黒生姜パウダー

※画像は薩摩の恵楽天市場店>>>

おすすめポイントは,

とにかくポカポカ感を求めたい方に人気がある『蒸し黒生姜のみのパウダー』
こちらも「みらいのしょうが」同様、黄金生姜から作った黒生姜なので、品質はピカイチ♪
この他に、黄金生姜パウダー(50g)・蒸し黒生姜入り黄金生姜パウダー(35g)から選ぶこともでき、どれも1.000円ポッキリ送料無料!

価 格 1.000円(税込) 25g
送 料 無 料
原材料 熟成蒸し黒生姜

Yahoo!ショッピング

Amazon

楽天市場

しょうが屋木村 金時しょうがパウダー

蒸し黒生姜パウダー

※画像はしょうが屋木村楽天市場店>>>

おすすめポイントは,

黄金生姜と並んで、辛味成分が豊富な国産金時生姜を使用。
しっかり蒸した状態から、乾燥→粉末にしており、ショウガオール成分が豊富。
以前、ウルトラ生姜として、「ためしてガッテン」でも紹介された高品質パウダーです。
料理・飲み物にすぐ振りかけられる瓶入りパウダーなどもあり。

価 格 1.944円(税込) 100g
送 料 385円
原材料 金時生姜(国産)

Yahoo!ショッピング

Amazon

楽天市場

ハッピーブレッシング 有機農家の蒸し生姜パウダー

有機農家の蒸し生姜パウダー

※画像はハッピーブレッシング楽天市場店>>>

おすすめポイントは,

国産で蒸し生姜...まではありますが、オーガニックの生姜パウダーとなるとなかなかありません。
そんな中、熊本産の有機生姜を使用し、しっかりと有機JAS認定を受けているのがこのパウダー。
蒸しの工程も取り入れ、有効成分を限りなく高めています。
価格は少々高めになりますが、本当に安全なモノだけを摂り入れたい方々に好評を得ています。

価 格 2.680円(税込) 70g
送 料 無 料
原材料 有機生姜(熊本県産)

Yahoo!ショッピング

Amazon

楽天市場

黄金の里 生姜粉末

生姜粉末

※画像は黄金の里楽天市場店>>>

おすすめポイントは,

国産生姜専門店から販売している粉末しょうが。
材料は、高知県産の黄金生姜で、乾燥前にしっかり加熱を行い有効成分を充実させています。
いくつか商品がありますが、こちらは20gの少量タイプ。
送料無料ということもあり、とりあえず生姜パウダーを試したい!という方にぴったりです。

価 格 648円(税込) 20g
送 料 無 料
原材料 黄金生姜(高知県産)

Yahoo!ショッピング

Amazon

楽天市場